暮れ無いに染まったこの俺を

オタクの皆さん、今年もお世話になりました。

思えば今年は例年になく現場に通ったような気がします。ざっと振り返っただけでも

 

・キャラソンJAPAN

・MTG012,013、014,15

・プロデューサー感謝祭

グリムスパンキーのやつ

・ミリ6th SSA

バンナムフェス 

・デレ7th幕張・名古屋

あたりでしょうか。LVも含めたら更に増えるので大変だ。マLVは勝たねえから除外してんですけど。

今更だけどバンナムフェスとか名古屋公演とか全然レポ書きあげていなかったですね。誰が見ているわけでもないが自分の記憶を整理するのは大事なことなので年明けからはちゃんとしたい。

また、来年は私生活が激変する予定のため、今年の参戦水準を維持できるのか、はたまた在宅になるのかは何とも言えないところだ。そもそもこの生き地獄の責め苦に耐えられず花散らす可能性すらあるが、それでも生きている限りは参戦し続けたいですね。

とりあえず2月は是が非でも大阪行くゾ〜〜〜イwwww(YOSHIKI参戦生バンド紅に一抹の期待をかけて)

全人類渋谷パルコ行っとけって話

先月下旬、およそ3年の月日を経て渋谷パルコがリニューアルオープンした。オープンして数週間ほど経つものの未だに人入りは衰えず、未だに建物内部まで誘導の列が絶えないほどだ。

渋谷といえば同じく先月オープンしたばかりの「渋谷スクランブルスクエア」が記憶に新しい。また「東急プラザ渋谷」もリニューアルオープンしたこともあり、立て続けに大型商業施設が開業する様はなにやら再始動感があってワクワクしますね。

 

んで行った感想ですが、結論から言うと表題の通りなんです。

・素直にテナント最強です。

実のところ、最近の渋谷にはどことなく勢いを感じていませんでした。しかしながら渋谷パルコの光景──今まで聴いたこともないような店の軒先に見たこともないブランドの服が並ぶ様子や、白衣を着た研究者然とした店員がビーカーを振るうコーヒースタンド、サイバーパンク然としたフロアに並ぶ飲み屋──であったりと、一つとして「安牌を切ったものがない」空間に足を踏み入れた瞬間、渋谷を再び文化の中心地にせんとする意気込みを感じずにはいられませんでした。負けました、すみぺ。好きです。

実際のところスペイン坂のあたりって最近低まってたように思ってて、そりゃ別に上まで登ってもなんも目的ないし、「人間関係」の混み具合を確認するぐらいだったので、あの辺に活気が戻ったのは嬉しい気もする。誰かがこの件について「ハロウィンで騒ぐだけの面白くない奴らが集まる街」から「そこでしか体験できないことがある街」であった頃を取り戻そうとしている、と評していたのにはなんだか納得させられた。(個人的には、そういう面白くない奴らの居場所があってもいいと思うし、その辺を含めて渋谷の良さだと思う。懐深いね)

上京して初めて渋谷に来たものの「なンだよこの対しておもしろくもネー街はよォ!?」とか感じたボーイ達には是非ともおすすめしたいところです。

 

 

 

 

蓼クワス虫も好き好き

ちょっと前にクワスを作りました。

 

クワスとは

クワスは、東欧の伝統的な微炭酸の微アルコール性飲料。キエフ大公国時代から知られ、現在はウクライナベラルーシロシアなどで好まれている。

クワスライ麦麦芽発酵させて作る。各家庭においてはライ麦パン酵母を原料として手軽に作られる。クワスをパン種として、パン生地を練って、ライ麦パンを焼くこともある。 ロシアではクワスは夏の風物詩とされている。

ウクライナベラルーシロシアでは伝統的にアルコール飲料ではなくジュースとして飲まれてきた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%B9

 

です。

平たく言えばロシヤで昔から飲まれてきた炭酸ジュースみたいなもんですね。度数1%はジュース。

このクワス、本場ロシアではその辺の街頭で売られてるレモネード的飲み物らしいんだけど、日本ではついぞ見かけたこともないし、ロシア料理店でも置いてあるとこを見た記憶がない。なら自作すればいいジャンって感じなんだけど発酵とか諸々めんどそうで長らく敬遠していた。

一方で、だいぶ前からamazonに『インスタントクワスの素』なるものが出品されているのをチェックしていた。発見した時には売り切れてたのでいつ入荷するか虎視眈々と狙っていたわけだが、先日ふと見直していたら入荷していたので即・購入。

 

インスタントクワスの作り方

①水を入れて数時間放置

②さらに1日放置

 

こんなところです。蓋を閉めてると炭酸が抜けないらしい。

んで作ったのはこんな感じ。

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20191021141148j:image

なんか汚ねえよ!って感じだけど許して下さい。発酵させてンだから!

1日置いたクワスの見た目は発酵してるとは思えないほど無表情な暗黒物質だった。巷で作ってたやつらが言うような発酵のブクブクも確認できなかったのでアレ、失敗した……?ってすごい不安になってしまった。発酵は暖かい時期の方が進むらしく、9月ぐらいの涼しい時期に作ったのも時期ミスったかなあとか考えてしまったが、よく見たら底の方から炭酸の泡がシュワシュワワしてたので大方これが発酵であろうと自分に言い聞かせた。写真の容器下部に見える白い泡みたいなのがそれで、そこには沈殿物が溜まってます。

さて完走した感想ですが、今まで飲んだことがない味だと思いました。本当にそう表現するしかない味っていうか、砂糖は入ってるので甘みは十分にあるんですよね。だけど味がなんとも不思議というか、同じ発酵食品だからかちょっとコンブチャに風味が似てる気もする。

結論を言えば資本主義者の作る堕落したコカ・コーラに駆逐されるのもさもありなんという感じ。とはいえナチュラルではあるし、発酵過程のワクワク感が楽しいので一回ぐらいは作ってみてもいいんじゃないでしょうか?

 

http://www.amazon.co.jp/dp/B01NCU2VO0

 

 

ミリ6th SSAレポ

 

ミリ6thSSAお疲れ様でした。

仙台から神戸、福岡に至るまで全国を回った大規模ツアーライブの千秋楽を飾るにふさわしい、絢爛な公演であったよう感じます。

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190929140249j:image

今回のツアー、SSA以外は全て地方開催であったことと副業上の都合が重なり、現地には一回も足を運ぶことが叶わなかった。そのため関東追加公演の発表は(ある程度予期していたとは言え)本当に嬉しく、運良く都合も付いたことから心置きなく両日参戦することができた。

アイマスライブでお馴染みとなった感の強いSSAだが、私はピンチケなので実際に中まで入るのは今回が初めてだった。

残念なことに 、SSAではフラスタが会場内通路でのみ展示されるため、入場してからでなければ見ることができない。そのためフラスタ列の混雑は必至で、時間的な制約もあり今回はフラスタ観覧を諦めることになった。帰りに通り過ぎざまチラチラ眺めたんですけど色々個性的なお花があって後ろ髪を引かれる…。写真撮ってたら肩トントンされてヤベエ警察か?と思ったらフラスタ主催の人で、お花とツーショット撮って欲しかったらしい。撮ってあげた。

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190929192352j:image

 

ミリ7th  1日目

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190929192548p:plain

座席が神

メインステージのほぼ真横で通路隔てた先はもうステージという近接具合!!ステージの端まで来てくれる演者との距離はマジで10Mも満たないんじゃないかという感じで、向こうの白眼が見えるレベルだった。直接的な距離で言えばおそらく最前よりも最前なんじゃなかろうか???しかも目線の高さも同じぐらいなので、普段遠く離れた座席から見下ろすか下から見上げるだけの存在がマジで同じ高さに存在しているという事実にビビった。こんな座席を引き当てて頂いた同伴者の方に改めてお礼申し上げます。

最後のThank you!の時愛美が端まで来てくれたんだけど、なんていうか愛美マジで存在するんだ……みたいな感動に襲われてしまった。愛美、ひとりひとり目を合わせるように見てくれたんだけど、自分は気が動転してかメロイックサインしてしまったんですよね。あとで考えてみればあれはメタルのサインであってロックではなかったし、ともすれば中指立ててるように見えるのでいらぬ誤解を生みそうなガイジ行動だった。ホントすいませんでした。

あとインヴィジブル・ジャスティスのときはMachikoが来てくれたんだけど、思っていたより小柄だったのが印象に残った。にも関わらず立ち居振る舞いから溢れるカリスマ感がさながら翼のようで、いや翼も知らんけど翼みとはこういうことか…と感じ入らずにはいられなかった。

楽曲としては梵天アレンジのHANABI団楽曲とMOONY、もう一度聴きたかったのでまた聴けて嬉しい限りでした。fruity loveは初見だったんだけどメチャメチャ可愛い曲やんコレェ……🍓ってなったので即購入した。そしてアライブファクター……来るかな〜二人でやったらおもろいだろな〜と思ってはいたんですけど、実際来たらビビりましたよね。愛美歌い慣れていない感あったけどイヤモニ不調だったんだろうか?この曲に限らず今回はイヤモニの不調を感じるようなシーンも多く、だからオタクスマホの電源切っとけっつってんじゃねーかよ!

個人的にはビッグバンズバリボーで全てを出し尽くしていたのでクタクタだったんだけど、最後のキラメキラリ実装MVでふたたび顔面dアニメストアになっちゃった!w

 

 みっくも近距離で見たら同じ人間とは思えないほど美しかった。

 

ミリ7th 2日目

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190929192151j:image

 SSA近くでつけ麺食ったら胃がヤバくなってパチ屋のトイレで吐いてた。普通盛り〜大盛450gが同じ値段だったので貧乏性かまして一番多いの頼んだら見事に死んでしまった。俺は!!!!弱い!!!!!

2日目の座席はまあ大したことなかったんだけど、ちょうどステージ正面だったのでフリとかちゃんと見れて良かったです。あとスタッフ席の真上だったのでJUNGOが丸見えで、終演後にスタッフを労ってる姿がカッコよかった。

 

シャルシャロ衣装の郁原ゆう、マジでドチャクソ好みすぎてね。神戸の時も書いたけどこれまで郁原さんに特別な感情を抱いていたわけではなくて、でも今回この衣装纏った姿俺の性癖にぶっ刺さりすぎて涙止まらんかった……。

楽曲だと久しぶりに私はアイドル❤︎聞いて高まってしまった。それもあの3人に「きっと私が一番」と歌わすのがソリーーー!過ぎて。

赤い世界が帰る頃は初見だったんですが、これまたぶっ刺さってる即買いましたよね。なんでこんな神曲があること、今まで黙っていたんだい?(心のクリロナ)。ソロがないことへのJUNGOに対する僅かなモヤ感も最後の「フェスタの終焉」でぶち消されてしまった。お前が一番👏

 

まあ、本公演は最初からアンコールと銘打っているので、その辺は公演の趣旨とユニットの構成的にしょうがないかなという感じですよね。

そのぶん各地方公演でもお披露目されなかったTB楽曲への期待は高まっていた。特にビッグバンズバリボー、ほんとドチャクソ好きな楽曲なだけにライブでやってくれる日心待ちにしていたんですよ。デデーーーンみたいなイントロから既に楽しくて、気がついたら楽曲が終わっていた……。嵐のように過ぎ去った時間だったけど、あの瞬間は最大級に幸福であったことだけ覚えている。あとはラスアクも超聴きたかったので嬉しみ……。

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190929151952j:image

待ちかねていた新情報としては、おそらく大多数のオタクが「そろそろ単独ドーム公演一発よろしくお願いしますョ」とか独りごちていたのではないだろうか。シンデレラはもとよりSideMでも単独ドーム公演が発表されたこともあり、次はミリオンだろうと考えるのは妥当な思考だ。

ところが発表内容は誰が予想できたか「単独野外ライブ」だったのだから驚きを隠せない。会場の富士急コニファーフォレストは富士火口湖あたりに位置しており、宿取るかテント張って野営しないと帰れない試されっぷりで面白い。花火や火炎噴出装置も備え付けたザ・野外会場らしいので、これまでにないアイマスライブを体験できることは請け合いだろう。

つうか絶対楽しいよ〜〜〜。野外だからジャンプしてもいいだろ!!JUNGO次の演出考えるのめちゃくちゃ楽しみなんだろうなあ。

デレ7th幕張レポ

 

デレ7th幕張お疲れ様でした。

月初の平日ど真ん中という参加難易度高めのライブでしたが、結論から言えば万難を排してでも参戦してよかったと思えるような最強の現場であった。

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190907022358j:image

会場は幕張メッセ9〜11ホールだったので座席の重要性は開演前から指摘されていたところだった。というのも本会場は段差のない平らなオールフラット構造なため、前方以外に人権が付与されない可能性濃厚と予想されていたからだ(以前同会場で開催された3rdライブがそうであったことも恐怖に拍車をかけた)。だが蓋を開けてみれば花道ありセンターステージあり両サイドステージありと後ろの方にもかなり配慮されたバリアフリーな構成であったので一安心。運営側にもまだ良心があったことを感じさせた。どこかアニデレ最終回で出てきたステージを彷彿とさせましたね。

そんなわけで別に後方でもよかったんだけれども、今回引き当てた座席はまさかの最前Aブロックだったので舞い上がった。今までこんな前に来たことはなかったのでちょっとビビる。

改めて思ったんですが、演者の表情がハッキリわかる距離で見るライブって本当に楽しいんですよね。それならLVでいいじゃんってなるんですけどそこは生の空気感というか、実際に同じ場所を共有しているからこそ生じる楽しさって大きいと思う。コールとか手を振ったりするのLVじゃ一方通行でしかないですしね(現地でも一方通行ではある)。やっぱり現場じゃなきゃ勝たねえンだよ!

ちなみに会場の2階みたいなところがフラスタゾーンになっており、空調も効いてるので開演前のオタクは大体そこにたむろっていた。コンビニもあってクッソ快適だったのでフラットの弱点を解消してくれた今回は全体的に見てかなりいい箱であったよう感じた。

 

ここが凄いよ7th幕張!

・ちよなぴ、大躍進

一番最初に演者が出てきた時、メインステージ脇から飛び出してくるなっぴーに目を奪われたもつかの間、頂上に堂々と君臨する都丸ちよを見て流石に驚いた。メインステージを張る姿が嬉しかったのもあるが、私は座席が前方だったのでメインステージを見るほかなく、そこにちよなぴがピンポイントで登場してくれたことが嬉しかった。

これに限らず今回の公演で特に感じたことは、今までのライブに比べると明らかに都丸ちよとなっぴーの存在感が増していたという点だ。

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190908215603j:image

法子に関しては今回送られたフラスタ数が最多なのではとか言われていて、実際見てもめちゃくちゃ多かったよう思えた。公演でも節々の参加楽曲で存在感を発揮し、ハイファイやきゅんきゅんまっくすなどユニット曲は勿論のこと、きらりのソロ曲たるましゅまろキッスをペアで歌ってくれるとは全く予想外だった。画面一杯に映る都丸ちよを見て、なんていうか、都丸ここまで来たんだなぁという謎の後方彼氏面みたいな感じになってしまった。いやあもっと売れて欲しいですね、つうか法子に曲寄越せオラッ!

改めて思ったんだけれど、担当アイドルへのフラスタって最も効率的な応援方法なんじゃないですかね?そのアイドルがこんなにもたくさんの人から応援されている、と他のPや演者、運営側にも直接伝えることが出来るのはかなりアドバンテージが大きい気がする。1台~5万ぐらいなのでそこまで無理な金額でもないだろうし、ツイプラで人集めてカンパすればひとり1000円で出せるしね。

なっぴーは本当に、今までで一番輝いていたように見えた。

そもそもパンフレットの写真の時点でオイオイオイ一番かわいいんじゃねーのだったんだけど、舞台の上にいるなっぴーは誰よりも輝いて見え、その向日葵のような笑顔がディスプレイに映るたびにこっちも満開のオタクスマイルになってしまった。2日目終了時の挨拶で、「太陽みたいだと言ってもらえることがあるけれど、薫ちゃんが太陽だから薫ちゃんに照らしてもらってるんだと着替えてるとき気づいた」みたいな話をされていたのも印象に残った。つうか途中の感想パートでなっぴーがMAGIC歌ったときめちゃくちゃ上手くなかったですか??見てくださいよ!この顔!こんな光り輝く笑顔した声優を灰被りのままにしておいていいわけないでしょ!?はよソロ曲寄越せや!!!!!

 

 ・久川姉妹

本公演の目玉と言ってもいい久川姉妹役の二人は最高のおくりものを届けてくれた。

まず二人とも顔が良すぎるんですね。長江さんのはーちゃん感ある髪型クッソ似合ってて強いし立花さんのくりっとした目は狂おしいほど好き。それでいて初舞台感ある初々しさが最高すぎて……。若いって……いいネ!

おくりものサンデーに関しては元々楽曲の強さに夢中だったこともあってやっぱライブでもクソ楽しいなと再確認した次第。未だに今年出たデレ楽曲のなかでは一番好きなんですよね。あと結構画期的な曲だと思っていて、なんとなく新アイドルが登場した去年あたりから楽曲の傾向が徐々に変わりつつあるように思う。それを最も如実に体現している曲という印象なのだ。

おくサン以外では久川姉妹を連れて披露されたKMMD、ストーリー性高すぎない?????メロイエで可愛いを模索していた法子らが上京したての姉妹をリードするような先輩役にまで成長したことを感じさせる。あとは今までKMMD聴くときは大体都丸ちよの声を意識して聴いていたんだけど、今回はしのしーの芯の通った歌声が意識できるようになったというか、姉妹が加わったことでいつもより視野を広げて聴くことができたのか知らんといった感じ。いやマジでギャワイイイ!!って叫んだよね。ギャンバって!!!って。

 

・桜咲千依から激レス貰った

これはマヂ

今回私は最前ブロックかつ前の座席が空席だったこともあり、視界の通った状態でライブを楽しむことができた。そんなわけで大いに満足していた訳だが、最後の4周年曲が終わった後、白坂小梅役の桜咲千依氏がちょうど目の前の位置に立っていたので、ずっと振っていた水色リウムをブンブン丸してアピってみた。するとそれまで天皇の如く万民に向けて手を振っていたちょこたんが、まさに俺の方のみに向けて両手でレスを返してくれたのだ!!!!例えて言うならそれまで全体攻撃してたのが突然俺単体に向けて大ダメージ奥義ブチ込んでやるぜ!!!!!!!!!!!!!って感じ。他に周囲に水色リウム振ってるやついなかったし、後ろは通路だから後ろの奴とかいない。もうこれだけで十分ニチッッ!!!パワーを貰えますよ。えぇ(深い頷き)。

あと都丸ちよが最後にドーナツオッケーしてくれたの、あれは俺だけに向けてじゃないだろうから自慢はしないでおきますね。

 

・セクギャルの新曲強すぎ

誰もが驚いた、そして待ち望んでいたであろう待望のユニット曲に一気に高まってしまった。おまけに楽曲の強いこと!音源まだ聞いてないんだけど今の時点ではおくりものに次いで今年二番目のブッ刺さり曲になりましたね。こちらもおくサンのように今までと違う雰囲気あるというか、最後とかLMFAOじゃん。いやホントに強いから強い。生まれた時からG.A.L.になりて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

山下七海は魔性の女ですよ。彼女はおそらく己自身の美貌を一番よくわかっていて、男を魅了することに悦びを感じていると本公演で確信しましたよ。

 

・『谷の底で咲く花は』

2日目のMVPを選ぶとすれば、間違いなく彼女を推したい。そう感じさせるほど白菊ほたる役、天野聡美さんは強烈な印象を残した。センターステージで見せた佇まいと表情、そして歌声は画面越しに見ていて息を呑むほど儚げで、多くを語らずとも圧倒されるものだった。

何がビックリってこの子ほたる役がほぼ初仕事みたいなもんだったんですね。それでこの圧巻のパフォーマンス?強すぎん??

JUNGO、お前がナンバーワンだ。

 

・『楽園』の会沢紗弥

楽園、初披露からずっと生で見てる(ハズ)なんですけど、ホントにこれまで全部表情が違うんですよね。今回満面の笑みで披露してくれた楽園、尊みの極みに存在するもの。やっぱすげぇよ、サァヤンは……。

 

・ゆず曲楽しすぎ

ゆずの曲な、普通に楽しすぎて優勝した。やっぱ邦楽の第一線を走り続けてるアーティストが作る曲は違いますね。『LOVE&PEACH』周りのオタクのコールが完璧すぎてビビったんだけど意外とみんな知ってるんですかね?それとも真面目だから予習してきた勢?なんにせよ偉いですね。『無重力シャトル』も👏高まりMAXだった。

 

・「平日」に開催するということ

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190908215042j:image

今回は平日昼間開催という中々に難易度の高いライブだったので結構自分も無理して参加していた。途中「ここまでして行く意味あるかなぁ」みたいな思いがチラッと脳裏をよぎったりしたんだけど、行ってしまえばやっぱり参加してよかった〜〜と強く思うわけ。幕張公演が終わった翌日には普通に働いてたんだけど、なんていうか1日が「空虚」でしたよね。同じ時間でもあれだけ充実した経験を得ることが出来るのに、クソしょうもない仕事で毎日を浪費させられるのって本当に非人道的で人類文化に対する冒涜だと改めて感じた。我々は絶対に働かないぞ!!!!!

行く前は正直「なんか物足りねえナア〜〜」とか思ってたんですけど、いやホントすいませんでした。優勝してしまいました。この後に続く名古屋と大阪も楽しみでしょうがない。

サマパレポ

 

サマパお疲れ様でした。

シャニのイベントは初めて参加したんですが、最高を上回る真夏の祭典になりましたね。

 

北原さんの役作りというか再現性、クッソ好きなんですよね……。端的に言えば顔が好きなんですけど。髪の染め具合とか完全に一致してるし。

あと田中さんネ……MCだとふわふわしてるのに舞台上の凛としたパフォーマンス、いやドチャクソかっこよさみ溢れてるな?????一人めっちゃ汗こぼれててちょっと心配になるぐらいだったよ!!でも後ろ向いたのと同時に汗が飛んでるとこはやっぱりカッコよかった……。幸村さんはオタク女っぽくて好き

ストレイの楽曲強いのは知ってたんですけどあのキレキレのパフォ合わせて見るとまた全然違いますよね。

しかも発表されたカップリング曲のバチゴリな強さ……。ちょっと1曲目より好きかもしれないですね。

 

放クラ、最強のもの。

やっぱりこれが聴きたくて行ったと言っても過言ではないユニットで、その分期待値も高くしてったんですけどやっぱり優勝してしまった……。 もう開始前からセトリが最強なの分かってて約束された死に突き進む感じでしたね。

今更だけどシャニ君ってデフォルトでユニット衣装用意されてんのがいいですよね。涼本さんのグレーシャツ、すこなのだ…w

 

・太陽キッス

「天下無双の笑顔」というワードが好きすぎて……😭

今回初めてライブに参加したのでタオルぐるぐるも出来たんですけど、これタオル回しのフリが入ってて正解だなあとつくづく思いました。もしタオルが無かったら無限に暴れてしまうぐらい強いから……。

 

・ビーチブレイバー

これが聴きたかったんだよなぁ!?超超本気モードなんだよなあ〜〜〜〜〜。

楽曲リリースの時、夢咲きと太陽でハードル上がりすぎていたため「次のユニ曲が微妙だったらどうしよう……」みたいな梅雨空じみた杞憂感じていて、それが一気に吹き飛ばされたのを 覚えていますね。

煌きますか…の涼本さんクッソ美しくてヤバかった。きらきら武士だよ!!

 

初めてのシャニマスイベだったが、やりたい放題なMCや謎の旅行映像、そして最高のライブパートが合わさって優勝に見えました。これからますますシャニ道に浸かるであろうことをまた一つ確信させていただきました。

いや今度は生で見れるバンナムフェスが楽しみすぎるな??今度は夢咲きとよりみち聞けるんだろうか?流石に夏じゃないし…。

コミー・ドント・ビー・ア・ヒーロー

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190817172718j:image

 

コミケットお疲れ様でした。

雲ひとつない快晴の下令和最初のコミケが開催された訳ですが、新設された南棟や有料リストバンドによる入場管理など初めての試みが多く見られた夏だった。

一方で「未回収の始発組」にまつわるスタッフ側の対応の拙さが騒がれた。事前にリストバンドを購入した上始発で現地へと到着したグループは炎天下のなか数時間待機している間に体調不良者が続出、その間にフリー入場へと切り替わったため後から来た連中が先に入場できてしまい、始発組がそのまま忘れ去られるという珍事が発生したためだ。

500円払ったにも関わらず入場を後回しにされたうえ熱中症のプレゼントもついてきた彼らの受難は想像に難くない。

流石に本事件については大部分のオタクがスタッフ側の体制について少なからず否定的な見解を有しているようで、「コミケはボランティアによって運営されているんだから文句言うな!」等とのたまう冷笑オタクは少数派に留まっているよう思える。金は貰うけど責任は取りませんってのは通んないと思いますけどね。

 

f:id:BuriburiSaikyoNo1:20190817192029j:image

ちなみに輝子ちゃんぬい、栄えあるラス1でした。

先に企業行ってから南棟寄ったんですけど結果的には大正解なムーブ引当てたと思ってます。「橋まで並んでるから国際展示場より企業ブースよりの駅で降りたほうが近い」とか聞いたから降りたのに全然並んでねーじゃねえかクソァ!とか思ってたけど。